簡単に見えて実はとても奥が深い住まい!平屋について初心者にもわかりやすく解説

平屋を住まいとして考える場合には、色々な部分を考慮する必要があります。
大きなメリットとして、2階建てと比較すると費用が安くする事ができますし、階段のスペースを設けなくて土地を用意できるのであれば大きなスペースを活用する事ができます。
都会では難しいですが郊外であれば費用とのバランスを考えられます。
生活動線に関しても段差がありませんので、高齢になってからでも不自由なく生活できます。
このように奥の深い設計が可能です。

簡単に見えて実はとても奥が深い住まい!平屋について初心者にもわかりやすく解説

平屋を住まいとして考える場合には、コスト的なメリットを考えられる事が出来ます。
二階建ての様に立体的に考えなくて良いですので、玄関などの入り口なども複数個所も用意する事が可能です。
また生活動線を有効に考えられますので、水回りを集中させたり分割させられます。
平屋に住む場合には人の年齢層や家族構成を住まいを考慮できます。
部屋に関しても、間仕切りを多くして部屋の構成を細かく分割できます。
対して間仕切りをなくして大空間のリビングも可能です。

1階建ての家が平屋でありほとんどの構造が平屋作りになっている

日本では江戸時代から昭和のはじめごろまでは、どこの家でも平屋作りが大半を占めていました。
バラック作りとも呼ばれていた施工法で、1970年代以降からは二階建てが主流となります。
なぜ階数が増えたのかというと、都心部を中心にした宅地開発が多くなり、狭い土地でも十分な部屋数を確保するために上に住まいが伸びたということです。
しかし昨今では、地方で移住をする方が増加をしており、再び平屋建築が多くなってきました。
簡単にここで、平屋の構造をご紹介していきましょう。
まず平屋の特徴は、一階建てで構成をされている点です。
通常は大黒柱は2メートル以上の長さを3本ほど取り付けて支えを維持しますが、一階の構造なら1本で賄うことができます。
基礎工事でもさほど大きな穴を掘ることもなく、大半はそのまま壁や間取りを作っていく場合もあるほど。
工期を大幅に縮小をさせることができ、約1か月程度で施工を完了させて暮らすこともできます。

平屋の家は狭いと思われがちだがロフトを作り居住空間を広げることができる

平屋住宅は建物の構造がシンプルゆえに耐震性がアップしますし、家族が転倒するなどのリスクが大きく減少するメリットがあります。
その反面、空間を有効活用できないため部屋数が少なくなるなどのデメリットがあるのも事実です。
そうしたデメリットを解消するために、ロフトを設置する平屋に注目が集まっています。
ロフトは天井の高さが1.4m以内と定められていますが、さまざまな空間として活用できる可能性があります。
具体的には収納スペースに活用することもできますし、寝るための空間はもちろん、ちょっとしたシアタールームや趣味部屋、さらには書斎として利用することも考えられます。
子どもが秘密基地感覚で利用できる遊びのスペースにもなるでしょう。
一方でせっかく設置したのに、はしごの上り下りが危険で数年後には使わなくなったという事例も少なくありません。
はしごではなく階段にするなどの安全性への配慮、利便性や実用性といった問題を十分に検討したうえで導入するのがポイントになります。

高い天井と梁のある平屋には開放感があって解放感がある

平屋は、上層階を支える必要がないので屋根の形状や天井高を自由に設計することができ、梁が印象的な開放感のある空間を手に入れることが可能です。
平屋は、上層階が無いので上層階の生活音を気にする必要がありません。
一般的な2階建ては、上層階の床下に上層階の生活音を抑制する為の空間を設ける必要がありますが、平屋は階上の生活音を抑制する為の空間が必要ないので屋根の勾配を利用した内部造作で大空間を設計することも可能です。
屋根の勾配を利用した勾配天井は、大空間を確保できるだけでなくトップライトも比較的簡単かつ安価に施工できるメリットがあり、平屋の大きなデメリットとされる通風と採光を一気に解消することができます。
日本の住宅は、諸外国に比べて狭小な敷地に建築されているので小割りにした狭い居室が多くなっていますが、高齢になると自宅で過ごす時間が長くなるので可能な限り3次元的に開放的な空間を設計して建築するべきです。

体の負担を感じやすくなる老後には移動距離の少ない平屋での生活が適している場合もある

人間は高齢になると、体力が衰えます。
若いときには何でもなかった行動で負担を感じるようになり、たとえば自宅の階段を上り下りするだけでつつかれる高齢者は少なくありません。
階段の上り下りで身体の負担を感じるようになると、2階に上がるだけで億劫になり生活スペースも1階に限定されるでしょう。
そのため老後の生活を考えるなら、平屋という選択肢もおすすめです。
平屋は2階以上のスペースがないため、自宅で階段を上り下りする必要は当然ありません。
生活空間のすべてが1階のワンフロアに集まっているため、室内での移動距離が短くなります。
移動距離が短くなれば身体の負担も楽になり、体力の衰えた高齢者も健やかな生活ができるでしょう。
階段がなくなれば転落事故などのリスクも減らせるため、安心した生活ができるのも魅力です。
家を建てるときは、現在の生活ばかり考えてしまいがちです。
しかし人間はなからず年を取り老後を迎えるので、そのときのために平屋を選ぶ選択肢もあります。

平屋に関する情報サイト
平屋の基本

平屋を住まいとして考える場合には、色々な部分を考慮する必要があります。 大きなメリットとして、2階建てと比較すると費用が安くする事ができますし、階段のスペースを設けなくて土地を用意できるのであれば大きなスペースを活用する事ができます。 都会では難しいですが郊外であれば費用とのバランスを考えられます。 生活動線に関しても段差がありませんので、高齢になってからでも不自由なく生活できます。 このように奥の深い設計が可能です。

Search